ひなご幼稚園の役割

子どもたち、お父さんやお母さん、地域の方々、先生たち・・・
みんなが楽しく集うことが出来る子育ての場を、いつも提供できる幼稚園として、様々な内容に取り組んでいます。

お父さん・お母さんも一緒に!

D70_7374主な行事は、6月下旬の七夕まつり、10月の運動会、12月の遊戯会、2月の作品展です。主役はもちろん子ども達、保護者様にも観ていただきますが、見せるための行事ではなく、日常の保育の延長線上に行事がある、という考え方で行事を行います。
親子で楽しく参加できる行事には8月に「ひなご夏祭り」を開催し、盆踊りや模擬店でにぎわいます。11月には親子で猿投の森に出かけ、山歩きや木々を使ったクラフト作りを行う「森の探検隊」、12月には本格的なオーケストラの演奏による「クリスマスコンサート」を開催します。

働くお母さんをサポート

我が園は、仕事と家庭の両立に配慮する取り組みを行う『ファミリーフレンドリー企業』の認定を愛知県より受けています。「仕事をしても幼稚園に通わせたい」と思ってくださる保護者様のためのサポートをしようと、朝7時30分からの早朝保育と、通常の保育終了後に6時まで『わいわいくらぶ』という預かり保育を行っています。
長期休業日(春・夏・冬休み)も預かり保育を行っています。詳細は園におたずねください。

ひなご幼稚園のあんしん

もしも災害が起こったら?

D70_2361園内の窓ガラスは、全て飛散防止フィルムを貼付し、照明器具の蛍光灯にも透明なカバーを装着、また部屋のピアノ・TVにも転倒防止器具を装着しております。災害が起きた時は、メール配信「ひなごつうしん」で、保護者にすぐに知らせるシステムになっており、お迎えが必要な場合は園児引渡しカードで、お子様を確実に保護者にお渡しします。園児一人ずつにペットボトル1本の水とクッキー(ビスコ)1缶を常備しており、万が一の地震や災害に備えています。

食物アレルギーについて

D80_2940入園前に食物アレルギーについてお聞きし、その結果を給食業者に伝え、一人ひとりにあった給食を用意します。その際、材料は違いますが、なるべく他のお子さんたちと同じメニューの給食を出します。摂取できる食品が極端に少ない場合は、ご自宅から弁当を持ってきていただくなど、症状にあわせて対応させていただきますので、ご相談ください。